勉強が好きな子供はいない!?

9月 7th, 2014 12:00 AM

勉強が好きな子供は正直いないと思います。勉強は辛いから勉強なのであって、勉強に楽しみを感じるという子供は、それはもう勉強が趣味になっているという特殊な状況になっていると思われます。子供をそこまで勉強好きに出来るという事は、他に行なうべきことをさせないなどのよほど特殊な生活環境なのだろうと思います。子供にとって勉強は苦行。その認識を親は持っておくべきだと思うのです。

そんな嫌いな勉強の手助けをしたいと考えるのでしたら、家庭教師まで相談するのが一番だと思います。勉強とは孤独な戦いです。もし壁に突き当たってしまった場合に誰も助ける人はいません。この時に子供は「勉強は面倒くさい」から「勉強が嫌い」に変わってしまいます。その状態から救い出せるのが家庭教師です。分からない部分を直接指導して答えへと導きますので、非常に効果の高い勉強時間を作り出してくれるのです。もう一人きりで勉強をして苦しむ子供はいなくなります。

ただし家庭教師といいましても、会社によっていろいろな方針があるようです。進学塾の様にとにかく勉強漬けにする方針の家庭教師もあるのですが、個人的に壁に当たっている子供にそれは逆効果だと思います。こちらのデスクスタイルというところでは、基礎力を伸ばして自分で考える力が出来るというお勧めの会社です。

不用品回収や不用品処分はプロに頼みましょう

8月 26th, 2013 12:00 AM

さいたま市を中心に埼玉エリアでの不用品回収や不用品処分、また遺品整理なら、埼玉エリアの不用品回収、遺品整理【サポートK】はコチラから⇒http://www.support-k.net/

【サポートK】は、フリーダイヤル0120-626-620で年中無休、24時間対応で受け付けています。もちろん見積もりは無料。見積もりの日時の指定も可能。

取扱品目は、家電製品、家具、オフィス用品、ブランド品、貴金属、厨房機器、ピアノ、カメラなどなど・・・とにかく問い合わせてみましょう。
見積もりをしてもらってからでも遅くありません。

ところで遺品整理の専門業者をモデルにしたドラマが、度々放映されていますが、一般社団法人遺品整理士認定協会という団体があることは、全く知りませんでした。ちょっと驚きです。

それだけ孤独死が多いということなのでしょうか。
高齢化社会と、核家族化の象徴が遺品整理というのは、実に寂しい感じがします。

しかし、これが現実なのでしょう。
亡くなった方の部屋の片付け、不要品の処分、思い出の品、貴重品を整理して遺族に引き渡す作業はデリケートな作業でもあります。

これからも益々高齢化は進んでいきます。
なんだかやるせない気分になりますが、この現実は受け入れていくしかないのでしょう。